松居一代が英語動画で反撃「フェイクヘアー」 VS船越、ホリプロ提訴でついに直接対決か

 女優、松居一代(60)と俳優、船越英一郎(57)の離婚騒動が新たな展開を迎えた。船越の所属事務所であるホリプロが「これ以上は看過できない」として、名誉毀損(きそん)や業務妨害などを理由に民事訴訟を起こす動きに着手したのだ。騒動はさらに泥沼化の様相だが、これで松居の動きを抑止できるのか。一方、松居にも新たな動きが…。

 ホリプロは21日、松居に対して法的措置を取ることを発表。ここまで否定コメントを一度出したのみだったが、「一連の言動には裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上看過することのできない問題」とついに沈黙を破った。

 この動きを、高橋裕樹弁護士は「沈黙を続けて防戦一方では、本当であると認めているように思われてしまう。真実を明らかにしようと意思表示したことで、船越氏が被害者であると思った人もいただろう」とみる。

 ただ、その抑止力については「裁判所は『すでに起きたこと』について判断するのであって、将来起きるかもしれないことをやめさせることは基本的にはできない。勝訴したことで、松居氏のいやがらせが終わるかは分からない」(高橋氏)とも。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ