五木ひろし、平尾昌晃さんに感謝いっぱい「世に送り出してくださった」

 日本を代表する作曲家、平尾昌晃さん(享年79)の訃報が伝わった22日、芸能界に衝撃が広がった。「よこはま・たそがれ」で再デビューした演歌歌手、五木ひろし(69)は「今日があるのも平尾先生のおかげです」と“生みの親”に感謝。平尾さん、故山下敬二郎さん(享年71)とともに「ロカビリー三人男」として活躍した歌手で俳優、ミッキー・カーチス(79)も「寂しいよ」と悲しみに暮れた。

 数々の名曲とともに、一流アーティストを生み出してきた平尾さん。突然の悲報に、まな弟子や苦楽をともにした友人らが喪失感をにじませた。

 「ただただ驚いています。現実と思えません」

 この日、関係者から悲報を知らされた五木は絶句。約2年前に平尾さんが体調を悪くして心配していたというが、「昨年のNHK紅白歌合戦でもお会いして、『元気? 頑張ってるね』と気さくに話しかけてくださった。元気になられてよかったと安心していたのに…」と肩を落とした。

 不遇の時代を経て、1971年に故人と作詞家の故山口洋子さん(享年77)が手掛けた「よこはま-」で、「五木ひろし」として再デビュー。その後も数々のヒット曲を書いてもらった。「歌い続けることが、五木ひろしを世に送り出してくださった先生への恩返しだと思っております」と天国の平尾さんに誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ