死去から1カ月 いまも増え続けるブログ読者 壮絶がん死、小林麻央さんが私たちに残してくれたもの

 歌舞伎俳優、市川海老蔵さん(39)の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央さんが6月22日に34歳の若さで亡くなって1カ月が過ぎた。乳がんと闘いながら「生」を見つめ続けたブログは反響を呼び、読者登録者数は、その死後も増えている。1カ月前は250万人だった読者登録者数は270万人を超えている。麻央さんは、私たちに何を残して旅立ったのだろうか。

■心のうち、包み隠さず

 《今、口内炎の痛さより、オレンジの甘酸っぱさが勝る最高な美味(おい)しさ!

 朝から 笑顔になれます》(「オレンジジュース」)

 麻央さんが最後にブログを更新したのは、亡くなる2日前の6月20日。生き生きとした書きぶりで、毎朝、母親がしぼってくれるオレンジの果汁のおいしさをつづっていた。

 《皆様にも、今日 笑顔になれることがありますように》

 文章は読者へのいたわりの言葉で結ばれた。

 麻央さんが「KOKORO.」と題する闘病ブログを書き始めたのは昨年9月。主治医の「がんの陰に隠れないで」との言葉に後押しされてのことだった。

 夫への感謝、子供への愛情、進行する病状への不安…。ブログでは、妻として、母として、そして1人の女性としての、心のうちを包み隠さず記していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ