渡辺謙、タジタジ謝罪会見…不倫は「おおむね事実」 離婚は否定

 俳優、渡辺謙(57)が15日、東京都内で会見を開き、3月末発売の「週刊文春」で報じられた30代半ばの元ホステスとの不倫騒動を謝罪した。報道を認め、すでに女性と別れたことを報告した上で「軽率な、ふがいない行動で(周囲に)多大なご迷惑をかけてしまった」と猛省。妻で女優、南果歩(53)との離婚は現時点では「ない」としたが、関係修復にはまだ時間がかかりそうだ。

 3月末の不倫疑惑発覚から3カ月半。報道後初の公の場となった渡辺は、集まった報道陣120人を前に、黒のスーツ姿で深々と頭を下げた。

 自身が冷静に事態を把握する時間や南との話し合いが必要だったため、すぐに会見を開けなかったと説明した上で「記事に出ていることは、おおむね事実」と認めた。

 3年にわたって関係があったとされる女性とは「ずっと続いていたということではない」とし、報道後に話し合い、慰謝料などなく円満に別れたと告白。

 「何よりも妻には本当に苦しい、悲しい思いをさせてしまった」と神妙な面持ちで謝罪し、「ゆっくりと(夫婦関係の)軌道修正を図っているところです」と説明した。

 南とは現在も別居中。東京都内の自宅には南の母や姉も同居するとあって「すぐには戻れないですよ…」と苦笑も、電話などで連絡は取り合っているといい、「たたき出されたとかではない」とキッパリ。南からは「これであなたが積み重ねたものが消えるわけではないから、頑張って」と逆に励まされたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧