松居一代、予告の爆弾発言 引き金は1通の手紙「夫は別宅を設けなければならなくなった」

 夫で俳優、船越英一郎(56)から離婚調停を申請された女優、松居一代(60)が13日、動画投稿サイト「ユーチューブ」に新たな動画をアップ。「別宅の真相第1話」と題し、2011年に船越が別宅を設けたことについて説明した。

 「とても真実と違う話が報道されている」と前置きしたうえで「2011年、夫が本宅から歩いて100歩のところに別宅を設けた。夫の意思で夫が私がいやになったから別宅を設けたと報道されているが、とんでもない話。真実とはずいぶん違う」と反論した。

 「どうして夫が別宅を設けないといけなくなったのか。その物件を探してきたのは妻の私。これには1人の女性が加わってくる。1通の手紙から始まった」と話し、女性から船越に送られたとされる手紙を朗読した。

 動画では手紙を公開。最後には、ある女性の名前が記されていた。松居は「この手紙が引き金になって夫は別宅を設けなければならなくなった。弁護士を入れて話し合った」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ