松居一代、名誉毀損でOUT?船越を「バイアグラ100ml男」

 俳優、船越英一郎(56)が妻で女優の松居一代(60)に離婚調停を申し立てている問題は異例の騒動に発展している。妻が「全面戦争」と宣戦布告し、動画サイトで夫の「不貞」を微に入り細をうがって暴露すると、夫側も知人が雑誌で妻のDV(家庭内暴力)を証言するなど、双方がメディアを使って攻撃している。離婚調停や、その後想定される裁判でどんな影響があるのか、専門家に聞いた。

 松居は6日にブログで「さあバイアグラ100ml男 船越英一郎と全面戦争、はじまりますよ」とぶち上げた。「あたし松居一代は、絶対に嘘をつきません 正々堂々と胸を張って戦うことをこの場で改めて宣言します」と裁判突入も辞さない覚悟を見せた。

 5日にYouTubeで公開された「船越英一郎 裏の顔」と題する動画で松居は、「勃起不全の船越は、バイアグラを使って不倫関係にある女性とセックスしまくっている。相手は私のとても仲のいい親友だった人物だ」と、夫が使ったというバイアグラの空き容器を手に語った。その上で、自分を悪妻にしたてて、離婚しようとしていると主張している。

 一方、船越本人は沈黙を守っているが、6日発売の「週刊文春」では、船越の代理人弁護士が、離婚調停の申し立てを行ったことを明かしたほか、「船越が信頼を置く知人」が登場し、松居による船越への暴力や暴言があったと詳細に証言している。

 船越の所属事務所も離婚調停の申し立てを認めたが、調停が成立しなければ家庭裁判所での裁判で白黒をハッキリさせることになる。

 今後の展開はどうなるのか。多くの離婚訴訟を手がけている弁護士の高橋裕樹氏が解説する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ