ピース又吉、壇蜜との熱愛説を否定 「現実だったらいいのになと思いました」

 お笑いコンビ、ピースの又吉直樹(37)が27日、東京都内で行われたウェブムービー「元、落語家~話が下手な元噺家のハナシ~」の上映会に出席した。

 一部で報じられたタレント、壇蜜(36)との熱愛説を聞かれると「びっくりしまして。本当に連絡先も知らない状態やったんで」と否定。だが、噂にはまんざらでもなさそうで、「考えてもいなかったけど、もともとファンだった。現実だったらいいのになと思いました」と笑った。

 ウェブムービーは、ソニー製パーソナルアロマディフューザー「アロマスティック」と連動したもので、自身が企画・構成を担当。俳優の柄本佑(30)演じる元落語家の不動産営業マンが、上司から「つまらない」となじられて冗舌になれなくても、香りで気持ちを切り替え、落語家魂を忘れず前を向く姿を描く。

 コンビニバイト時代のエピソードを参考にしたという又吉は、「僕が芸人をやっていることを同僚は知っていたけど、(職場で)僕は2番目に面白い人といわれていた。芸人の僕よりしゃべりがうまい先輩がいて、ユニークだった。ここ(職場)では自分は表現できてないなと思った」と悲哀を回想。「力を発揮できない状況で、ふと街を歩いていて何かの音を聞いたり、香りを嗅いだりすることで、気持ちが楽になれるということを出せたらと思った」と作品のイメージを説明した。

 お笑い芸人であり小説家の自身にとっても、においと創作はつながっているという。「ネタや文章を考えていて何も思いつかないと、街を歩くんです。例えば、お風呂のにおいがすると、子供の頃にお風呂に入った記憶がよみがえることがある。その記憶によって、ネタや文章が思いついたりします」と明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ