小林麻央さん死去 「がんが憎い」三原じゅん子議員 自らも闘病経験

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)の妻で、乳がん闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが死去したことが分かった23日、自民党の三原じゅん子参院議員(52)は、「がんが憎い」と題したブログで「ショックで涙が出て来た。ご家族のこれからを思うと無念でしょう。小林麻央さんの笑顔を忘れません。合掌。」と短い文章に無念さを込めた。

 三原議員は、子宮頸(けい)がんで闘病生活を送った経験などから、子宮頸がん予防ワクチンの接種・検診の無料化など医療・福祉を中心に政治活動を行っている。

 漫画原作者の小池一夫さん(82)はツイッターに「小林麻央さんがお亡くなりになった。テレビやネットでしか知らない方だけれど、とても悲しい。しかし、小林麻央さんのように有名な方でなくても、毎日毎日、病と闘っている方々は沢山いる。自分も含め、その闘っている人たちが、戦いに勝てることを心から祈る」と投稿した。

 また、歌手の平原綾香さん(33)はブログに「小林麻央さん」と題し、「思い出のすべてが宝物です」と思いのたけをつづった。平原さんのブログ全文は次の通り。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ