大竹しのぶ、10代の少年役に意欲 「38年前の歌を全部覚えているくらい心に残っている」

 女優、大竹しのぶ(59)が21日、東京都内で行われた主演ミュージカル「にんじん」(東京・新橋演舞場、8月1~27日)の製作発表に共演の中山優馬(23)、宇梶剛士(54)、キムラ緑子(55)と出席した。

 仏作家、ジュール・ルナールの名作「にんじん」が原作。今年7月、還暦を迎える大竹は38年ぶりの再演に「もう一度、にんじんと会ってみたかった。38年前の歌を全部覚えているくらい心に残っている」と10代の少年役に意欲を見せた。

 兄役を演じる中山は「共演を喜んでいたら、兄役と聞いて…」と言いかけると妹役の大竹から「ずっこけた?」と突っ込まれ、「ずっこけてないです」と苦笑していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ