三秋里歩、須藤凜々花の結婚宣言に絶句 「テレビを見ていて驚きました」

 元NMB48のタレント、三秋里歩(22)が18日、東京都内で行われた公開中の初主演映画「霊眼探偵カルテット」(旭正嗣監督)の舞台あいさつに出席した。

 三秋は昨年2月にNMBを卒業。前日17日に行われたAKB第9回選抜総選挙で20位に入り、いきなり結婚宣言をしたNMB48、須藤凜々花(20)について聞かれると「テレビを見ていて驚きました」と絶句。最近、須藤と連絡を取っていないが「(須藤に)先を越されるとは思わなかった。私も結婚したい!」と悔しがっていた。

 同作は文化祭シーズンに不審な殺人事件が頻発する学園ホラーサスペンス。初主演の感想を聞かれ「撮影は朝早かったり夜遅かったりで大変。女優さんはこんな大変なのに美しさをキープしていてすごいですね」と感心していた。

 あいさつを終えて降壇の際には、階段でバランスを崩し転倒。大事には至らず、左足のすねをすりむき苦笑していた。

 ほかに共演の大熊杏実(18)、高橋優里花(19)、石田佳蓮(20)らが登壇した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ