野際陽子さん、肺腺がんで死去 昼ドラ出演中に入院…復帰の願い叶わず

 「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」など数多くのドラマや映画で活躍した女優、野際陽子さんが13日午前8時5分、肺腺がんのため東京都内の病院で死去していたことが15日、分かった。81歳だった。最期は長女で女優、真瀬(まなせ)樹里(42)の腕の中で永眠した。3年前に肺腺がんを患いながらも仕事を続け、放送中のテレビ朝日系ドラマ「やすらぎの郷」に出演したが、先月に再入院して力尽きた。NHKアナウンサーから女優に転身した第1号でもあった。

 クールな上司から意地悪な姑(しゅうとめ)まで多彩な役を演じた野際さん。美しい日本語を語る司会者としても親しまれた名女優が、闘病の苦労も見せず旅立った。

 長女の真瀬が15日、文書でコメントを発表。「母は3年前に肺腺がんが発覚し、先月8日、肺炎を併発し入院して1カ月。一進一退を繰り返しながら必死に闘い抜きました。2度の手術、抗がん剤治療と、仕事をしながらの壮絶な3年の闘病でした」と振り返った。

 続けて「最期は、親族やスタッフに見守られ、抱きしめる私の腕の中で天国へ旅立ちました。多くの人に愛される、役者としても一人の人間としても偉大な母だったと誇りに思っております」とたたえた。葬儀はこの日、真瀬が喪主を務めて密葬で営まれた。お別れの会は故人の遺志で行わないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ