佐野史郎、「冬彦」で野際さんと親子役 「人生で最後にキスしたのが僕でゴメンなさい」

 幅広い役を演じ、テレビドラマには欠かせない存在として活躍した女優、野際陽子(のぎわ・ようこ)さんが13日午前、肺腺がんのため入院中の病院で死去していたことが15日、分かった。81歳。富山市出身。葬儀・告別式は15日に親族で行った。

 1992年のTBS系ドラマ「ずっとあなたが好きだった」で共演した俳優、佐野史郎(62)は自身の公式サイトで、「野際さん…ていうか、野際ママ。第二のお母さん。四半世紀前…いや、もうちょっと前にドラマで共演させていただいてから、何本もの思い出いっぱいの作品でご一緒させていただいた。プライベートでも、かつてのドラマの共演者たちとたまには食事した。こないだ会ったばかりな気がするのに」と突然の訃報にショックを隠せなかった。

 同ドラマで野際さんは佐野演じるマザコン息子・冬彦を溺愛する母親を怪演して脚光を浴びた。「インテリジェンスあふれる会話から、下ネタまで、楽しかったなあ。辛いそぶりなんかカケラも見せず…。なんだか実感がない」と現実を受け入れられない様子。「そういや、ドラマの中とはいえ、人生で最後にキスしたのが僕でゴメンなさい。野際陽子さん、本当にありがとうございました。安らかにお眠りください」と冥福を祈った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ