応援団長ビートたけし、金田知子に「森友学園の跡地と豊洲市場で歌おう」

 タレント、ビートたけし(70)が“応援団長”を務める歌手、金田知子(年齢非公表)の新曲「思い出のシエナ」のPRキャンペーンを東京・スナック玉ちゃん赤坂本店で行った。“ママ”と慕い、家族ぐるみで親交を深める金田のためにひと肌脱いだたけしは、バックコーラスで参加。目標はNHK紅白歌合戦出場で「ヒットさせるために、森友学園の跡地と豊洲市場で歌おう」と危険な話題づくりをブチ上げた!?

 昭和のムードを漂わせるスナック玉ちゃんに世界のキタノが降臨した!

 先月10日に発売され、同24日付の週間USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキングで7位になった「思い出のシエナ」のPRキャンペーンを同所で開催。客が驚く中、知子が大人の恋歌をしっとり歌うと、たけしがコーラスで「ワワワーワー」と合唱。たけし軍団のガダルカナル・タカ(60)と浅草キッドの玉袋筋太郎(49)もタンバリン、マラカスを振って盛り上げた。

 知子の夫で実業家の金田時男氏も北野武名義の監督作「アウトレイジ ビヨンド」に出演するなど夫妻と公私ともに親しいたけしが自ら応援団長に名乗り出た。「ママ(知子)はすごく品がよくて、本当にいい声」と熱弁。ヒットを目指し、タカを戦略部長、スナック玉ちゃんの店主、玉袋を援軍に、同所で“ゲリラライブ”を開催した。

 たけしは話題になるために「森友学園の跡地と豊洲市場で歌おう。あと、強盗に入ってUSENにリクエストしろと脅す」と毒舌全開。一方、「高級なママに合う豪華ディナーショーをやりたい」と真面目に語ったが、「ショーの値段を15万円にして俺が5万円ピンハネしちゃう」とボケまくり、タカが「ママとたけしさんが好きな名曲をカバーするコラボアルバムを作れば」と軌道修正。応援団長も「いいね」とノリノリだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ