曖昧な交際開始時期、阿川佐和子の夫の前妻語る胸の内

 《これだけの高齢になるまで結婚しなかった理由の一つに、初めて出会ったとき、相手に家族がいたことは無視できません》

 この衝撃的な告白に世の女性は、「これって不倫だったの?」「『文春』ではゲス不倫とか、さんざん叩いてきてたけど、阿川さんのはアリなの?」とザワザワ。本誌・女性セブンの取材でも、Sさんと元妻のA子さんの離婚が成立したのは4~5年前と見られる。となると、別居が始まったのは約25年前というから、その間の「20年」はどのようなおつきあいをされていたのかが気になるところ。

 ちなみに昨年、日本中を騒がせた“ゲス不倫本家”の川谷絵音(28才)も、ベッキー(33才)との不倫当時は妻と別居中だった。

 世の女性をさらにザワつかせたのは、阿川さんがA子さんと親しい友人関係にあったと報じられたことだ。これには「友人の夫とつきあいはじめたってこと?」「前妻の気持ちを思えば幸せの告白なんてしない方がよかったのでは…」などA子さんに同情する声がもっぱら。

 エッセイストの中野翠さんは、「相手の夫婦関係を壊したのでなければアリ」と阿川さんの行動に理解を示しつつも、“女には女のルール”があると指摘する。

 「女同士の義理として、友人の夫に対しては“100%恋愛感情は持たない”“邪心をもって近づかない”ということが暗黙の了解です。妻帯者の男性と友人としてつきあうなら、奥さんとも顔なじみになって人柄を知って安心してもらうほうがいい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ