清水富美加さん独占インタビュー(上) 「ネットだけは見るようにしていた」 出家表明後、初のマスメディア登場

女優「再起動」宣言をした清水富美加さん(石井健撮影)

女優「再起動」宣言をした清水富美加さん(石井健撮影)

 女優の清水富美加(しみず・ふみか)さん(22)が、産経新聞のインタビューに答えた。今年2月に宗教団体「幸福の科学」に出家して「千眼美子(せんげん・よしこ)」の法名で活動すると表明して以降、マスメディアに登場するのはこれが初めて。一時期体調を崩したというが、頬もふっくらと、そしてつやつやと輝き、芸能活動も続けたいなど女優としての今とそして未来を語った。(聞き手 文化部 石井健)

 外に出るのが怖かった

 「ちょっとドキドキしています。2月以降、取材を受けるのは、これが初めてなので。いやあ、緊張する」

 《清水さんは、2月上旬、体調不良のため出演番組を相次いで休んだ。芸能界を引退し、宗教活動に専念すると報道された。同月中旬には自著「全部、言っちゃうね。本名・清水富美加、今日、出家しまする。」(幸福の科学出版、1200円+税)を出版。そこに至る経緯を書いた。また、「引退ではなく休業」と説明。ただ、メディアには出てこなかった》

 --この間、どう過ごしていたのか?

 「家にいることが多かったかな。(出家宣言で騒がれて)以前より自分の存在が知られてしまったので、外に出るのがちょっと怖くて、スーパーマーケットにお買い物にいくことぐらいしか外出はしませんでした」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ