キムタクが“ソロ世界デビュー”!カンヌの住人2300人総立ち

 【カンヌ(フランス)18日(日本時間19日)】元SMAP・木村拓哉(44)の主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が、開催中の第70回カンヌ国際映画祭(28日まで)のアウト・オブ・コンペティション部門で公式上映された。上映後、キムタクは5分間のスタンディングオベーションに晴れやかな表情。SMAP解散後初の公開作が海外でも上々の評価を受け、視界良好の“ソロ世界デビュー”となった。

 360度のスタンディングオベーションに、“クールな侍”も充実感を隠しきれなかった。

 指笛と喝采を一身に受けた主演俳優は、カンヌ国際映画祭に6度参加している三池監督(56)の腕を握り、喜びを爆発させるように頭上に振り上げた。ヒロインの杉咲花(19)とも固い握手。世界に受け入れられたキムタクは「照れくさかった。どの人を見ても、僕らに向けて笑いかけてくれてうれしかった」と誇らしげな表情で総立ちの観客2300人に応えた。

 会場には今年のコンペティション部門に「光」(27日公開)を出品する河瀬直美監督(47)も駆けつけ、祝福した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧