和久井映見、デビューのきっかけは東京ディズニーランド「乗り物に乗りたくて並んでいた」

 女優の和久井映見(46)が19日、NHKの情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)に出演。自身のデビューのきっかけについて語った。

 スカウトされたのは16歳のときで、場所は東京ディズニーランドだった。「できてまだ間もなくの頃だと思うんですけど、(事務所のスカウトの人が)そういう(デビューできそうな)人を探しに。まだ(ディズニーランド)行ったことがないから行ってみようという、その両方の目的を持っていたんじゃないかな」と当時を振り返った。

 また「声をかけてもらった時間帯が、花火が上がるような、ちょっともう暗くなっているときだったのと、私がこのときすごく日焼けをして真っ黒だったので、あんまりよく見えていなかったんだと思うんですけど」とジョークを飛ばした。

 スカウトされたときの心情を聞かれると、「乗り物に乗りたくて並んでいたので、ひとまず『これ乗ってからでいいですか』と答えた」と笑顔で話した。司会のV6、井ノ原快彦から「怪しいなと思わなかったんですか?」と質問が飛ぶと、「そういうことに関して全く無知だったというか。自分がこういう仕事をしたいなと思っていたものではなかったので、たぶんビックリしたんじゃないかな」と振り苦笑いだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ