劇団四季創立メンバーの日下武史さんが死去、86歳

 劇団四季の創立メンバーの一人である日下武史(くさか・たけし=本名・日下孟)さんが15日、誤嚥性(ごえんせい)肺炎のため静養先のスペインで死去した。所属事務所が16日、FAXを通じて発表した。86歳。東京都出身。葬儀は親族のみで執り行った。後日、お別れの会を実施する予定という。

 日下さんは慶応義塾高在学中から浅利慶太氏らとともに、劇作家の加藤道夫さんに師事。慶応大文学部仏文学科在学中の1953年に劇団四季を結成した。翌54年の旗揚げ公演「アルデール又は聖女」から劇団の第一線の俳優として活躍した。

 主な出演作品として「エクウス」のマーティン・ダイサート、「ヴェニスの商人」のシャイロック、「スルース」のアンドリュー・ワイク、「鹿鳴館」の影山悠敏伯爵、「赤毛のアン」のマシュー・カスパーなど、数多くの役柄を務めた。

 また、声優やナレーターとしても活躍。2014年に東京・自由劇場で上演された「思い出を売る男」に、乞食役で出演したのが最後の舞台だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ