話題のTBS系ドラマ「小さな巨人」の演出担当を直撃 「半沢直樹に似ている」と言われているが?

 俳優、長谷川博己(40)主演のTBS系「小さな巨人」(日曜後9・0)が16日の初回で平均視聴率13・7%の好スタートを切った。警視庁と所轄の確執、出世欲と正義のはざまで揺れる刑事の奮闘を克明に描くエンターテインメント作。同局系「半沢直樹」を手がけた福澤克雄監督(今回は監修)、伊與田英徳プロデューサーら集結した話題作だが、23日放送の第2回を前に、TOKIO・長瀬智也(38)主演の「クロコーチ」などで知られる演出担当、渡瀬暁彦氏(36)を直撃。「熱いドラマに、あえて“打ち水”の演出でアクセントを加えたい」とプランを打ち明けた。

 --「小さな巨人」について

 「作品自体の熱量はすごく意識していて、今回は『福澤組』ということもあり、台本自体も熱い内容になっています。登場人物も心の奥底では燃え盛る『何か』を持っているキャラクターばかりで、その『何か』を引き出すような演出を意識しています。初回の演出を担当した田中健太(37)は福澤さんから撮影方法などをたたき込まれていて、1話ではそれが好評だったと思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ