テレ朝ドラマ、「きりたんぽ」から「えなりくん」 渡辺麻友さん主演 秋田県の抗議受けタイトル変更  県「コメントはない」

 ドラマのタイトルが秋田県名物「きりたんぽ」のイメージを損なうとして、同県が抗議しタイトル変更が決まっていたテレビ朝日系ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」について、同局は21日、タイトルを「サヨナラ、えなりくん」に決めたことを明らかにした。AKB48の渡辺麻友さん(23)の主演で、30日にスタートする。

 当初のドラマは女性を裏切った男性の局部を切断するなどして成敗する「阿部定事件」をモチーフにした物語で、タイトルにあった「きりたんぽ」も「きり」を「切り」、「たんぽ」を男性器という意味に取らせるネーミングとされた。

 「きりたんぽ」のイメージ悪化につながることを懸念した同県がテレ朝に抗議し、局側がタイトル変更を決めていた。

 テレ朝によると、タイトル変更とともに阿部定事件をほうふつさせる内容も変更し、恋愛の闇を描く純愛コメディーとなった。ヒロイン(渡辺さん)が男性の下腹部を切断する代わりに特殊な能力を発揮する設定という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧