松本人志が好きなAVシリーズをメモ?和田アキ子が見せた乙女な一面とは?

 3月31日深夜放送の特番「鶴瓶・松本・ウエンツの電話帳から消せない人」(TBS系)で、ダウンタウンの松本人志(53)が好みのアダルトDVDと、歌手の和田アキ子(66)との関係について語った。

 「なかなか掛けないけど電話帳から消せない人」をテーマに、MCを含む芸能人の電話帳をのぞき見する番組。タレントの矢口真里(34)が精神が病んでいた時に携帯のメモ帳にポエムを残していたことがわかり、松本のほか、笑福亭鶴瓶(65)、ウエンツ瑛士(31)の3人がスタジオで「携帯のメモ帳機能を使うことはあるか?」トークを繰り広げた。

 まったく使わないという鶴瓶に対し、「僕はよく使いますよ」と松本。「僕はアダルトDVDの『看板娘シリーズ』が好きなんですけど、最近のアダルトDVDって盤に女の子の顔があるから選びやすいんですけど、看板(娘)シリーズは看板娘シリーズとしか書いてないから、どれが当たりだったか分からないじゃないですか?だからそういうのは全部書いてますよ。『4』は本屋の子がいい。『16』は文房具店の子がいい…」とメモを次々と精読し、ウエンツらを苦笑いさせた。

 また「女性芸能人は誰か入っているか」という話題では、松本は「1年連絡取らない人のアドレスは消すから、マジでアッコさん(和田アキ子)しか入ってない」と告白。すると鶴瓶が、和田の携帯電話越しの声が「おっさん」であると指摘し、松本は力強く同意しながら次のエピソードを明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ