たけし、豪州ホテルで1週間缶詰め「一番思い出に残ったドラマに」

 タレント、ビートたけし(70)が5日、東京都内で行われたテレビ大阪系スペシャルドラマ「破獄」(12日放送、後9・0)の制作発表に出席した。3年ぶりのドラマ主演作で、山田孝之(33)演じる天才的脱獄犯と対決する北海道・網走刑務所の看守部長役。1月の撮影前には豪州へバカンスに出かけたが、ある事情でホテルに1週間ほぼ缶詰めになった。その理由とは。

 めったにない役をしたから、こんな事になったのか。たけしがバカンス先の豪州で味わった不覚の事態を明かした。

 1月から極寒の網走や長野県で撮影が行われたが、たけしは直前までバカンスをとり、真夏の豪州に旅行していたという。友人とゴルフをするために行ったのだが、数ホール回ったところで「『破獄』の撮影があることを思い出した」とか。

 雪国の看守を演じるのに、日焼けをしてはまずいと気づいたあたりはさすが名監督「世界のキタノ」。そこから滞在中の1週間は、一日中ホテルで長い長いクリケットの試合のテレビ中継を見て過ごすはめになった。

 「本当に『破獄』のような缶詰め状態で…。今まで参加した作品の中で一番思い出に残ったドラマになりました」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ