東野幸治、カップ麺CMで競合の松本人志にライバル宣言 「僕の方が“バカまじめ”です」

 タレントの東野幸治(49)が24日、東京都内で行われた日清食品「カップヌードルナイス」(4月10日発売)プロモーション発表会に漫画家の蛭子能収(69)と出席。お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(53)に対し、“ライバル宣言”した。

 東野は4月12日からオンエア予定の新CMに出演する。フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)で共演している松本は、東洋水産のカップ麺「MARUCHAN QTTA(マルチャンクッタ)」のCMキャラクターに就任(27日からCM放映)しており、東野は「まさかのカップ麺で競合するとは…もう彼の意見には賛同しません」とピシャリ。「ライバル? そうです。僕の方が“バカまじめ”です」と松本が出演する日本郵便「ゆうパック」のCMのフレーズを引用するうまい返しで笑わせた。

 一方、今回のCM起用に「マルちゃんかと思ってた」と笑わせた蛭子。1998年にマージャン賭博の現行犯で逮捕された過去をもつが、東野は蛭子に対し「(CM期間中は)死んでもマージャンすんなよ! (逮捕現場の)歌舞伎町いくなよ!」などと厳しく迫った。蛭子は「やってないです、本当に」と話し、ギャラの使い道について聞かれると「カップヌードル食べます」と回答。東野が「ウソでしょ、本当のことを言ってください」と突っ込むと、小さい声で「競艇」と明かし、笑いを誘った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ