西島秀俊、吉瀬美智子と猫の里親探し!主演ドラマで初共演「魅力的ですてき」

 俳優、西島秀俊(45)が6月23日スタートのNHK「ブランケット・キャッツ」(金曜後10・0)に主演することが17日、分かった。

 ヒロインは初共演となる女優、吉瀬美智子(42)が決定。吉瀬にとっては昨年10月に第2子となる次女を出産後、初のドラマ出演となる。

 同作は作家、重松清氏(54)の同名短編集が原作。亡き妻が残した7匹の猫と暮らす家具修理店の店長(西島)が、幼なじみの獣医師(吉瀬)と猫の里親探しに奔走する感動物語だ。

 西島といえば、4月11日スタートのフジテレビ系「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(火曜後9・0)に出演。ド迫力のアクションを披露するが、今回は不器用な性格で7匹の猫に翻弄される役に挑戦する。

 愛くるしいアメリカンショートヘアや三毛猫など共演の猫と対面した西島は、「自由気ままな猫たちとの撮影は大変だと思いますが、それ以上に一緒にいて癒やされます」とほのぼのムードを満喫。吉瀬については「魅力的ですてきな方」と全幅の信頼を寄せる。

 吉瀬は女優業と並行して長女(3)と次女の子育てに奮闘中。ドラマ出演は2015年10月期のフジ系「オトナ女子」以来で、「久しぶりのドラマで緊張していますが、大好きな猫も一緒ということで撮影現場でも癒やされそうです」と猫との対面を心待ちにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ