雑誌ジャーナリズム賞、大賞に週刊文春「ベッキー不倫報道」

 平成28年に雑誌に掲載された記事や作品に贈られる第23回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」が発表され、大賞が「ベッキー31歳禁断愛 お相手は紅白初出場歌手!」(週刊文春1月14日号)に決まった。

 同賞は、雑誌ジャーナリズムの未来のために、編集者有志によって6年からスタート。今回は、出版社や新聞社の編集者100人の投票で受賞作を決定した。

 スクープ賞=「『甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した』実名告発」(週刊文春1月28日号)▽「独占スクープ!成宮寛貴『コカイン吸引』疑惑の現場写真!」(FRIDAY12月16日号)。

 話題賞=「育休国会議員宮崎謙介(35)の“ゲス不倫”撮った」(週刊文春2月18日号)▽「舛添知事『公用車』で毎週末『温泉地別荘』通い」(週刊文春5月5日・12日号)▽「一夫一婦制では不満足『乙武クン』5人との不倫」(週刊新潮3月31日号)

 作品賞=「小泉純一郎独白録」(文芸春秋1月号、筆者・常井健一)▽「ユニクロ潜入一年」(週刊文春12月8日号、筆者・横田増生)

 写真賞=「吉田羊『40代オトナ女子の恋』は20歳年下男子最強アイドルと肉食7連泊!」(週刊ポスト4月22日号)

 受賞作は、雑誌ジャーナリズム賞のホームぺージで順次公開する予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧