賛否真っ二つ「下品だ」「シモネタ程度」 秋田県の抗議でテレ朝がまゆゆ主演ドラマのタイトル変更

 ドラマのタイトルが秋田県名物「きりたんぽ」のイメージダウンにつながるとして、同県の抗議を受けたテレビ朝日が渡辺麻友さん主演ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトル変更を決めた問題で、ネット上では「下品だ」「シモネタ程度」など賛否の声が上がった。

 ドラマは、渡辺さん演じる「桐山さおり」が自分を裏切った男性の局部を切断するなどして成敗する物語。タイトル中の「きりたんぽ」は「きり」を「切り」、「たんぽ」を男性器という意味に取らせるネーミングで、料理の「きりたんぽ」とは無関係だ。

 同県の抗議を受けてテレ朝がタイトル変更を決めるニュースが報じられると、ツイッター上では大きな反響を呼び、批判的な書き込みが続出。「秋田県民で無くとも余りの下品さに怒りを忘れ呆れ返る」「風評被害だ」「食べ物を男性器になぞらえるって本当、食べ物自体に対する蔑視」などと続いた。

 さらに局の制作姿勢に疑問を投げかけ、「局側のモラルや倫理って、ないんだな~と思います。だから面白い番組も作れないのかもしれません」という書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧