スクロバチェフスキ氏、米ミネアポリスの病院で死去 世界最高齢の現役指揮者

 スタニスラフ・スクロバチェフスキ氏(指揮者)21日、米ミネアポリスの病院で死去、93歳。ロンドンの所属事務所が発表した。

 23年、ポーランド(現ウクライナ西部)のリビウ生まれ。ポーランド各地で指揮者を務めた後に渡米。ブルックナーを得意とし、60~79年に現在のミネソタ管弦楽団で音楽監督、07~10年には読売日本交響楽団の常任指揮者も務めた。近年は「世界最高齢の現役指揮者」としても知られ、最後の公演は昨年10月だった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ