「たけしさんが800万円くれた」枝豆が語るビートたけしとの師弟愛

 16日深夜放送のテレビ東京系バラエティー「じっくり聞いタロウ」に、タレントのつまみ枝豆(58)が登場し、フライデー襲撃事件の裏側など、師匠であるビートたけし(70)への熱い思いを語った。

 たけし軍団の中でも、特にビートたけしを崇拝していた枝豆。妻の江口ともみ(49)と結婚する際も、「俺は、1番目は北野武だよ。2番目がたけし軍団だよ。お前3番目だけどいい?」と尋ねたという。「僕は北野武ありきなタレントなので」と語り、さらに「崇拝していた。教祖様みたいな存在だった」と、神格化していたことを告白。そんな枝豆が31年前に起きた「フライデー襲撃事件」を振り返った。

 当時、家族の写真をフライデーに掲載されたビートたけしは抗議のため、たけし軍団のメンバーと共に出版社へ乗り込むことに。しかし、その際、枝豆と、井手らっきょ(57)と、ラッシャー板前(53)の3人だけが不参加だったという。井手らっきょは彼女の家にいて連絡が取れず、ラッシャー板前は痔で入院中。ところが、枝豆は自宅にいたにもかかわらず、連絡が来なかったのだとか。枝豆は「そんなつもりはまったくないんだけど」と前置きした上で、「僕はたけしさんしか見えない人間だったので、何かあった時には体を張ろうかな、もう死んでもいいや、と思っていた。そんな気持ちをたけしさんがわかっていたのか知らないけど、『枝豆には電話するな』って」と、呼ばれなかった理由を明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ