清水富美加さん「いかに計画された引退劇だったか」 告白本「不快」の声

 宗教団体「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加さん(22)が16日深夜に自身の「ツイッター」で告白本を刊行すると発信したことに、ネット上では17日も波紋が広がっている。出家の真相を知る貴重な機会としてファンも待望しているが、騒動の渦中でのスピード出版となるだけに、ネットユーザーは「いかに計画された引退劇だったかが分かる」など不快感もあらわなツイートを発信。「炎上商法ではないか」との指摘も出されている。

 書籍は「全部、言っちゃうね。本名・清水富美加、今日、出家しまする。」(幸福の科学出版)で、清水さんは16日付のツイートで出版を公表。「この本も、またすぐ差し止められちゃうかもしれないんですけど 私の持ってる真実、消されたくないので 改めて千眼美子として生きてゆく宣言。『全部、言っちゃうね。』明日、17日、発売。」とつづった。

 一連の出家騒動をめぐって報道は過熱し、教団と所属事務所の応酬ばかりがクローズアップされた。告白本は体調不良を理由に表舞台に姿を見せない、渦中にある清水さんの「消されたくない真実」が暴露されるとあって、ツイッターでは、ファンとみられる人が「(自分は)本買う。清水富美加の気持ちを理解する」「読みたい…」などの投稿を寄せた。

 しかし、「引退」の表明が今月12日で、清水さんによる出版公表が16日夜という急な動きを不自然とみる向きも。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ