松本人志、フィギュア羽生は「Sっぽい感じ」「村主さんのMっ気を見抜いてる」

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(53)が10日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。フィギュアスケート男子でソチ五輪王者の羽生結弦(22)の印象を「ちょっとSっぽい感じがする」と明かす場面があった。

 「本音でハシゴ酒」のコーナーで、元フィギュアスケート選手で五輪に2度出場した村主章枝さん(36)が登場。村主さんは、フィギュア界での交友関係について「33(歳)まで現役でやったんですね。そうすると、浅田真央さんとか私の10個下なんですよ。安藤美姫さんとかでさえも、5~6個下なんですよね。荒川(静香)さんは1つ違いなんですけど、もう2006年のトリノ(五輪)で引退されたんですよ。そうするとみんな年下で、周りがやっぱりすごい気を使うんですよね」と“孤独”を感じていたことを吐露。その上で「あんまり気を使われるのが嫌で、どちらかと言うと坂上さんみたいに『何やお前』って言っていじめられる方が好きなんですね」と語った。

 すると、俳優、坂上忍(49)が「ドMってこと?」と質問。村主さんは「そうです」と肯定。ここで松本が「僕は演技見てても、『この人ドMやろなあ』って思ってましたもん。(演技で)悶絶っぽい感じの…攻められてる感じの顔をしますよね」と同調した。

 また、坂上が「年上ってことで、ちょっと孤立しちゃったってことですか?」と聞くと、村主さんは「唯一、すごいフレンドリーにしてくれるのは羽生くん」と明かした。これに対し、松本は「羽生くんは何かね、ちょっとSっぽい感じがするんですよね。多分、村主さんのMっ気を見抜いてると思う」と分析。村主さんも「需要と供給が合ってる感じ」と納得していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ