欽ちゃん、藤村さん死去に悲痛「神様になった…ありがとね」

 “おヒョイさん”の愛称で親しまれたタレント、藤村俊二(ふじむら・しゅんじ=本名同じ)さんが先月25日午後8時45分ごろ、心不全のため静岡・御殿場市の病院で死去していたことが1日、分かった。誰からも愛された藤村俊二さんの人柄を表すように、共演仲間から追悼コメントが数多く寄せられた。TBS系「ぴったし カン・カン」などで共演したタレント、萩本欽一(75)は、密葬に参列後、サンケイスポーツの電話取材に応じ、大好きだった藤村さんとの秘話を明かした。

 「大好きなおヒョイさんが神様になった…」

 密葬に参列した萩本はそう声を絞り出し、別れをしのんだ。祭壇には、約10年前に撮影したグレーのスーツ姿で、胸元にマフラーを入れ込んだ粋な藤村さんの遺影が。「おヒョイさんが僕に向かって『笑わないとダメだ』っていっているみたいだったよ」とポツリ。

 藤村さんの長男、亜実さん(50)から「おやじの顔を見てください」と促されたが、「大好きな笑顔のおヒョイさんの顔だけにしたいから会いません」と欽ちゃん節で辞退しながら、大きな声で「ありがとね」と感謝の気持ちを伝えた。

 藤村さんから毎年送られてきた台湾のウーロン茶が2年前から届かなくなり、「病気をしているのかな、と思った」と、ずっと心配していた。最後まで入院先を知らされなかった萩本は「周りの人の話を聞くと、そういう(弱った)姿を見せたくなかったのでは。時々電話をしていました」と明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ