森泉、前日に死去した愛犬をしのぶ 「幸せな思い出がいっぱいある」

 モデルの森泉(34)が29日、東京都内で行われたペット用サプリメント「アンチノール」のトークイベントに出席した。

 ペットを20匹以上飼い、愛犬家としても知られる森は2匹のチワワ(10歳のジザベル♀、8歳のユキ♂)を抱いて登場すると、愛犬の死去を明かした。「悲しいお知らせがあって…昨日の夜に長男のディエゴが亡くなったんです」と報告。7匹犬を飼っていたというが、その内の1匹、ミニチュア・ピンシャー(♂)が亡くなった。「最期も一緒にいれたし、いい時間を紡いできたので幸せな思い出がいっぱいある」と愛犬をしのんだ。

 この日は関節鏡手術の世界的権威、米獣医外科専門医のブライアン・ビール氏とトークを展開。「(ドクターに)もっと早く会いたかった。(質問が)いっぱいありすぎてウチに来てほしいぐらい」と笑わせ、「今日初めて、ワンちゃんって若いうちから関節痛になるのを知りましたし、早めに発見すればするほど治療ができるし、いいことが聞けました」と熱く語った。

 終了後、「すごくいい刺激になりました。私も結構、調べて獣医さんと話もしますが、まだまだ知らないことがあるなって」と勉強になった様子。さらに「(ペットは)生活の一部。そういった意味では家族と一緒なので1日でも長い生きしてほしいと思っています。どんどん治療もフードもサプリもいいものができているのでうれしいですね」と感想を述べ、「(犬は)訴えることができない。飼い主がいかに早く(症状を)くみ取って生活しやすくしてあげるのが使命だと思っています」と意識を高めることを誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ