橋本マナミ、ポロリ直前だった紅白の真相明かす「下も見えるわ、上も危ないわ」

 タレント、橋本マナミ(32)が26日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・0)に生出演。昨年大みそかの「NHK紅白歌合戦」のリハーサルで下着が見えまくるハプニングがあった“あわやポロリ事件”の真相を語った。

 橋本は同局の大河ドラマ「真田丸」で細川ガラシャ役を演じたことから、紅組から出場した歌手、香西かおり(53)が歌う「すき~真田丸スペシャルVer.~」にダンサーとして参加。黒のセクシーなドレス姿で妖艶な踊りを披露したが胸を張って踊るシーンが多く、ブラジャーのホックが外れ、NHKの生放送でポロリ直前だった。

 橋本はこの紅白でのハプニングを振り返り、「胸を張るシーンが多くて、プチプチ、プチプチ後ろでホックが外れていました。スカートもスリットが大きく入ったデザインで、クルクル回っていると中のパンツが丸見え。リハーサルの時、下も見えるわ、上も危ないわですごく焦った」と明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ