坂東彦三郎の孫・侑汰くん、六代目坂東亀三郎襲名も「ニンニンジャーになりたい」

 東京・歌舞伎座5月公演「團菊祭五月大歌舞伎」(5月3~27日)の記者会見が24日、東京都内で行われ、今公演で親子同時襲名する歌舞伎俳優、坂東彦三郎(73)、長男の坂東亀三郎(40)らが出席した。

 彦三郎は初代坂東楽善、亀三郎が九代目坂東彦三郎、次男の坂東亀寿(38)が三代目坂東亀蔵をそれぞれ襲名。孫で亀三郎の長男、侑汰くん(3)は六代目坂東亀三郎として初舞台を踏む。

 亀三郎は「歌舞伎役者の家系に生まれて父の名前を継ぐのはひとつのノルマ。うれしさもあれば、びっくりもしたし悩むこともあったが、さらに挑戦しなきゃいけないと強く思った」と気持ちも新た。「父に教わってきたことをもっと体現、表現していかなきゃいけないと思う。頑張ります」と抱負を述べた。息子の侑汰君については、「本人はやる気満々なんです。早く亀三郎になりたい、と言っている」と紹介。その侑汰くんは「ニンニンジャーになりたいです」と笑いを誘った。

 会見には尾上菊五郎(74)も出席した。「子役のころから70年も付き合ってきた彦三郎さんが中華料理のお品書きみたいな名前になっちゃった。ええ~、薬膳!? 楽善だった、よかった」と笑わせ、「老け役をどんどんやってほしい」と期待。彦三郎は、「楽しく芝居をやっていきたい」とコメントした。

 公演は菊五郎の父で七代目尾上梅幸の二十三回回忌追善、彦三郎の父で十七代目市村羽左衛門の十七回忌追善興行でもある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ