松ちゃん、“確執”騒動の角田信朗に苦言「8年経ってブログでいうのは…」

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(53)が22日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演し、K-1競技統括プロデューサーのタレント、角田信朗(55)との“確執”について初めて言及した。

 発端は、角田がブログで8年前にダウンタウンの冠番組の出演オファーを断って以来、松本との共演NGが続いていると告白。松本は「カビの生えたような話」と、あきれた表情で切り出した。

 当時、番組企画でレフェリー役を角田にオファーし、了承されるも、収録2日前に断ってきたと説明。角田がK-1のミスジャッジ問題から「自粛のため、なくなく断った」としたため、松本は「(ドタキャンしたことを)分かってないのかな」と首をひねった。

 結局代役が見つからず収録は流れ、多数の芸人のスケジュールなどに影響が及んだことから、松本は「大問題。番組や吉本(興業)との問題で、僕が共演NGとか、そんなちっちゃい話じゃない」と語気を強めた。

 1年後、別番組の出演依頼をしたことには「何かの手違い」とし、周囲に示しがつかなくなるため「番組としても吉本としても無理だと」と、出演を断った経緯を説明。最後に「8年経ってブログでいうのはルール違反」と苦言を呈した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ