角田信朗が“売名行為”否定 松本人志との“確執”告白について言及

 格闘家、角田信朗(55)が17日、自身のブログを更新し、ダウンタウン・松本人志(53)との“確執”をブログで明かしたことは“売名行為”でないと主張した。

 角田は以前、ダウンタウンの番組からの出演オファーを断ったことから松本を怒らせ、以来、出演NGの状態が続いていると告白したことを16日のブログで明かしていた。それが大きな反響を呼んだことを受け、「よく『炎上商法』みたいな言われ方で売名行為だと叩かれるタレントさんがいますが憚りながらこの角田信朗今さら売名行為に走らなくてもそれなりに足跡は残してきてますので」と否定した。

 続いて「松本人志というこの世界の達人に何か言いたいのではなくて、関係がこうなった裏に不都合な真実の裏で自らの保身の為にこそこそして、いつまでたっても関係修復に尽力しない連中がいたとしたら、そいつらを燻し出してやろう…とまぁ、そこまで言いませんが(笑)」とブログで松本との確執を公表した理由を明かし、「ただただこうなってしまった事が残念」とつづった。

 更に今さら確執があったことを掘り返したことに「業界からは疎ましがられて売名どころか敬遠され居場所がなくなるかも知れません」とし、「ボクが投げ掛けた波紋を関係各所がどう受け止め、どう動くかはわかりませんがボクは“流水”つまり水の低きに流れるが如く自然体で振る舞うだけです」と締めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ