角田信朗、松本人志との確執を告白「ある事件をきっかけに番組に呼ばれなくなった」

 格闘家、角田信朗(55)16日、自身のブログで、ダウンタウン・松本人志(53)との確執を明かし、「真実が回り回って松ちゃんのもとに届くことを祈っています」と関係修復を願った。

 角田は、今でもダウンタウンの大ファンだとした上で、「ある事件をきっかけにボクはダウンタウンの番組に全く呼ばれなくなってしまったのです」と告白した。

 ことの発端はダウンタウンの番組の企画「芸人対抗・叩いて被ってジャンケンポン選手権」にレフリーとして出演依頼があったこと。

 角田は「当時K-1は、ジャッジやレフェリングに様々な問題提起が為され、物議を醸していた時期でした。ミスジャッジの存在やそれこそ、武田幸三引退試合のボクのレフェリング然り、世界に広がる競技を統括する最高責任者のボクが、果たしてそんな状況下でバラエティー番組に出て『叩いて被ってジャンケンポン』のレフェリーを務める事が格闘技ファンから許容されるだろうか」とジレンマがあり、さらにK-1イベントサイドからも自粛してほしいと要請があったため、泣く泣くオファーを断ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ