橋本マナミが告白 紅白リハでパンツ見えまくり&あわやポロリ

 タレント、橋本マナミ(32)が6日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。昨年大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルで下着が見えまくるハプニングがあったと告白した。

 橋本は同局の大河ドラマ「真田丸」で細川ガラシャ役を演じたことから、紅組から出場した歌手、香西かおり(53)が歌う「すき~真田丸スペシャルVer.~」にダンサーとして参加。黒のセクシーなドレス姿で妖艶な踊りを披露した。

 橋本は、「めちゃくちゃ緊張しました。バラエティとか生放送とかで場数は踏んでるんですけど、紅白は別格ですね」と振り返ったが、実は制作費約20万円というドレスが原因でリハーサルではセクシーハプニングが頻発。

 一つ目のハプニングとして「くるくる回るフリがあって、その時パンツが見えまくりで、もうワカメちゃんみたいな…」と、下着が丸見え状態だったことを告白。本番はスリット部分を縫ってもらって対応したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ