ゲスの極み乙女。事務所退社 ベッキー不倫&ほのか飲酒重く受け止め契約更新せず

 当時未成年だった新恋人のタレント、ほのかりん(20)との飲酒が発覚した川谷絵音(28)がボーカルを務め、活動自粛中のロックバンド、ゲスの極み乙女。が31日、所属事務所のスペースシャワーミュージックとの契約が満了し、事務所を退社した。

 関係者によると、双方で協議した結果、同日の契約満了をもって再契約しないことで合意した。ただ、川谷が昨年1月、タレント、ベッキー(32)との不倫騒動を起こし、9月には飲酒騒動でほのかが所属事務所に契約を解除されるなどの事態をスペースシャワーミュージックが重く受け止め、契約を更新しなかったという。

 ゲス乙女の移籍先は決まっておらず、飲酒騒動で発売を中止したアルバム「達磨林檎」もメドが立っていない。ある関係者は「ゲス乙女は活動自粛中だが、制作活動は行っていると思うので解散はない。ほのかはタレント復帰を望んでいるが、所属先が見つかっていない状況」と明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ