「小川宏ショー」の小川宏さん死去、90歳 フリーアナウンサー

 フジテレビ系ワイドショー「小川宏ショー」の司会を17年間務め、同局の「朝の顔」として親しまれたフリーアナウンサーの小川宏(おがわ・ひろし)さんが11月29日、多臓器不全のため東京都内の病院で死去したことが5日、分かった。90歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、富佐子(ふさこ)さん。

 東京都出身。昭和24年、NHK入局。30~40年、人気クイズ番組「ジェスチャー」の司会を担当。40年、フリーへ転身。フジ「小川宏ショー」の司会を同年から57年まで務めた。同番組での計4451回に及ぶ出演は、「森田一義アワー 笑っていいとも!」に抜かれるまで、「人名を冠にした番組の最長寿記録」としてギネスブックに認定されていた。

 穏やかな人柄がにじみ出た話術で親しまれ、番組が軽やかに進行することから「春の小川」の異名も取った。このほか、草創期の「FNS歌謡祭」や、「オールスター家族対抗歌合戦」などの司会としても活躍した。

 平成4年頃に鬱病を患ったが、その後、克服。闘病経験を元にした執筆や講演活動にも力を注ぎ、近年まで仕事を続けていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ