作家の藤原ていさんが死去 「流れる星は生きている」

 作家の新田次郎氏の妻で、中国からの過酷な引き揚げ体験をつづった「流れる星は生きている」で知られる作家の藤原てい(ふじわら・てい)さんが15日、老衰のため死去した。98歳。長野県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は、長男、正広(まさひろ)氏。

 諏訪高女卒。戦前、気象台に勤めていた夫、新田次郎氏の転勤に伴い、満州へ。夫が抑留されたため、残された3人の幼い子供をつれて満州をさまよい、収容所暮らしなどを経て帰国。子供たちへの遺書のつもりで、当時の壮絶な経験を基にした「流れる星は生きている」を執筆。昭和24年に出版され、戦後の大ベストセラーとなった。

 ほかの著書に「わが夫 新田次郎」「絆」など。ベストセラー「国家の品格」などの著書で知られる数学者でエッセイストの藤原正彦氏は次男。

 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ