武田久美子、最愛の父が死去「私の手をつないだまま帰らぬ人となってしまいました」 

 女優、武田久美子(48)が17日、ブログを更新。父親が死去したことを明らかにした。「私の最愛の父が亡くなりました。内臓血管の損傷による出血の為 病院で家族みんなに見守られる中で他界しました」と報告した。

 武田は米国在住で、「アメリカを発つ時は全く考えもしていなかった出来事」だった。成田空港を降り立った時に危篤状態と聞かされ、名古屋の病院に直行したという。「私の到着はわかってくれたようで、私は約1日半、ベッドの傍らでずっと父の手を握り続け、私の手をつないだまま帰らぬ人となってしまいました」と深い悲しみに暮れた。

 「アメリカに移住して以来、もしこの様な事があった場合、間に合わないこともあるのではと覚悟を決めていましたが、最後会えて本当に良かったです」と父との別れを惜しんでいた。

 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ