大麻所持、高樹沙耶容疑者逮捕で怯える6人 大物芸能人からベストセラー作家まで当局がマーク

 大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された元女優、高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)。捜査関係者によると、かねてから重要人物としてマークされていたという。実のところ、重要人物は、この元女優に限らない。大麻はおろか、覚醒剤など違法薬物の常習者として捜査当局が追う芸能・有名人は少なくなく、夕刊フジが取材でつかんだだけでも6人にのぼる。次に挙げられるのはコイツらだ。

 参院選で訴えた公約「医療用大麻の解禁」が笑わせる。政治の力で合法にし、大手を振って吸おうとでも思っていたのか。そうならあまりに短絡的で愚かとしかいいようがない。

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部などの合同捜査本部が10月25日、高樹容疑者が同居人の男2人と暮らす沖縄県・石垣島の自宅を急襲した際、乾燥大麻数十グラム、使用済みなどの吸引用パイプが10本以上出てきたという。

 乾燥大麻は数十回吸引できる多さで、葉の部分より幻覚性の高い花の部分が含まれていた。花の部分は乱用者が使うとされ、高樹容疑者の常習性が疑われている。

 元プロ野球選手の清原和博氏、元俳優の高知東生氏が覚醒剤事件で相次いで逮捕されるなど、有名人の薬物事件は後を絶たない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ