ボブ・ディラン、ノーベル賞「授賞式出る」 英紙女性記者に単独激白

 ことしのノーベル文学賞に選ばれながら、これまで反応がなかった米国の伝説的シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(75)が受賞を受け入れ、授賞式に出席する意向であることが28日(日本時間29日)わかった。

 英紙「ザ・テレグラフ」が「世界的スクープ」として、「ボブ・ディランは『できれば出席したい』と言った」との見出しを立て、12月10日にストックホルムで開かれる授賞式への出席を示唆した。

 取材したのは四半世紀の付きあいがあるという米女性音楽記者、エドナ・グンダーソン氏。

 オクラホマをツアー中のディランにインタビューすると、「とても信じられないこと。アメイジング、インクレディブル。誰がそんな(ノーベル賞の)夢を見るだろうか」という反応が返ってきたという。ただなぜこの2週間、沈黙を守り、ノーベル委員会の電話にも出なかったのか、という質問には明確な返事をしなかった。

 ノーベル文学賞の選考委員会は今月13日、ディランを受賞者に選んだと発表したが、マネジャーを通じて「寝ている」として具体的な反応がなかったほか、ディラン自身からも受賞に関する正式なコメントはなかった。このためノーベル委員会の中からは「傲慢だ」との不満が漏れていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ