戦記文学で知られる直木賞作家、伊藤桂一さんが死去「静かなノモンハン」

 「静かなノモンハン」などの戦記小説で知られる直木賞作家で詩人の伊藤桂一(いとう・けいいち)さんが10月29日、老衰のため死去した。99歳。葬儀・告別式は近親者で行った。後日、お別れの会を開く。喪主は妻、千代美(ちよみ)さん。

 三重県出身。昭和13年に軍隊に入り、上海で終戦を迎えた。戦後、出版社の編集者などをしながら執筆を続け、中国の戦場における一兵士と小隊長の友情を描いた「蛍の河」で37年に直木賞を受賞。59年には、将校、下士官、兵士の三者の視点から戦場の光景と兵隊の心理を克明に描いた「静かなノモンハン」で芸術選奨文部大臣賞と吉川英治文学賞を受賞。60年、紫綬褒章。日本芸術院会員。

 若い頃から詩作も続け、日本現代詩人会会長を務めた。他の著書に「悲しき戦記」「遥かなインパール」「伊藤桂一詩集」など。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ