高樹沙耶容疑者、復帰は絶望的 過去にも大麻、薬物で転落した芸能人たち

 大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された元女優の高樹沙耶容疑者(53)。過去にも大麻所持で逮捕された芸能人はいるが、その後は復帰までにかなりの時間を要するなど、いばらの道を歩んでいる。

 何度も薬物事案を起こしてきた歌手の清水健太郎(64)も、最初は大麻だった。人気が落ち着いた1983年に大麻取締法違反で逮捕された際は起訴猶予だったが、86年にはやはり大麻で2度目の逮捕となり、有罪判決を受けた。

 その後は覚醒剤に手を出し、実刑判決で服役を繰り返した。不起訴処分になった事件もあるが、薬物関連容疑での逮捕は実に6度を数える。

 「その都度、周囲が芸能界復帰を支援したのですが、これだけ繰り返すともはや信用はゼロ。大麻と覚醒剤はまったく違うものですが、大麻が入り口となるケースは少なくない」(芸能リポーター)

 元俳優の加勢大周(46)も大麻で転落したひとり。2008年10月に自宅で覚醒剤と大麻を所持していたとして逮捕。クローゼットからプランターで育てられていた背丈40センチにおよぶ大麻草と栽培のための照明器具が見つかったことも話題になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ