コメディエンヌとしての才能を発揮するピン芸人、あだちあさみ

 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(139)】

 あだちあさみ(37、ホリプロコム所属) ★デビュー・2001年

 女性お笑いトリオ、キャラメルクラッチの「メガネのおとぼけ不思議キャラ」(小ボケ担当)としてデビューしたあだち。11年に解散した後は、コメディエンヌとして舞台を中心に活動している。

 --解散した理由は

 「おのおのやりたいことがあったので」

 --舞台を選んだきっかけは

 「トリオではコントをやっていたこともあって、演じることが好きだったからです。解散した後に何かしら変化がほしくて、女性だけの作品のオーディションを受けたんです。それがきっかけで、舞台を楽しいと思えるようになりました」

 --舞台の魅力は

 「生で反応が返ってくるのが一番ですね。笑いだけじゃなく“泣き”もあるところも魅力」

 --今年に入ってから舞台のプロデュースもしていますが、プレッシャーは

 「めちゃくちゃあります。キャスティングをはじめ、小屋(会場)を決めたり予算を出して提出したり、全部ゼロからさせてもらっているので」

 --9月29日から始まるプロデュース公演第2弾はどんな作品

 「第1弾の続きで、旅館の話なんですけど。そうですね、でも言っちゃうとアレなのかな…」

 --大丈夫ですか、プロデューサー。製作発表でも聞かれますよ

 「そうですよね。いつも質問が来ると『え~私~?』ってなっちゃうんです(笑)。旅館の中で巻き起こる泣き笑いのストーリーですね」

 --出演者は女子だけですが、キャスティングのこだわりは

 「舞台で共演した方たちで、いいなと思った方を誘っています。元AKB48の松原夏海ちゃんや、現役グラビアアイドルの小田島渚ちゃんもいますよ」

 --女子だけだと衝突があるのでは…

 「好きなキャストを呼んでいるので、そういうのはないです」

 --過去にはあった

 「ありましたよ~。私が出演した女子だけの舞台でやっかいな子がいて、ドラマのような事件が。私と仲のいい共演者から聞いたんですが、楽屋で隣に座っていた子が『おなかがすいた』って言うからパンをあげたんです。その日の帰りにゴミ箱を見たら、そのまま丸々パンが…(笑)」

 --現在、稽古中ですが、大丈夫?

 「雰囲気はバッチリ。パンは捨てられていないです(笑)」

 --ちなみにお色気シーンは

 「前回はこうやったり(胸をもむしぐさ)するシーンがありましたが、今回、私のところは…ないかな~」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ