“ロマンス”が目にあまるゲス乙女・川谷 懲りない理由 松ちゃん「俺が悪役になるって思い」

 タレント、ベッキー(32)との不倫騒動から、わずか8カ月で新たな女性との“ロマンス”を報じられたロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(27)。その懲りなさに多方面からバッシングが上がっているが、意外な説を掲げる声も…。

 演出家のテリー伊藤(66)は4日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」で「何が悪いの? 前々から言っているけど、どんどん女遊びしろと。ベッキーが吹っ切れるから」と主張した。

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(52)も、4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で持論を披露。

 「こういうことをすることで『ベッキーかわいそう』ということになる。わざと身をていしてやっているともとれなくはない。ベッキーが復帰しやすいように、俺が悪役になるんだって思いではやっていないとは言い切れない」

 とは言いながらも、「それはないと思うんで。そういう考え方もあるということで」とオチをつけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ