松本人志、“お泊り愛”報道のゲス川谷に「ベッキーのためにわざと話題作りを…」

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(52)が4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)で、20代一般女性との「お泊り愛」を一部で報じられたロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(えのん、27)について「ベッキーの復活をしやすくなるために『ここは俺が悪役になるんだ』っていう思いでやってないということは言い切れない」と持論を展開した。

 番組では川谷の「お泊り愛」報道について紹介。意見を求められたHKT48の指原莉乃(23)は「ベッキーさんの件があってここまですぐに…」と拒否反応。すると、松本が「何年後ならいいの。例えば1年後、2年後だってたぶん。もっと言えば彼がボランティアかなんかで空き缶拾いしててもたぶん悪く書くやつは書くと思うのね」と反論。

 続けて「僕思うんですけど…彼がこういうことをすることによって『ベッキーかわいそう』ってなるじゃない。ベッキーを救うために彼はもしかしたら、わざとこういう話題作りのために、身を挺してこういうことをやっているんじゃないのかって、とれなくもないじゃない」とコメント。さらに「ベッキーの復活をしやすくなるために、『ここは俺が悪役になるんだ』っていう思いでやってないということは言い切れないよね」と私見を述べた。

 松本の説を受けた指原は、「え、好き。キュンってきた」と心変わりし、一転して肯定派の立場に。

 勢いづいた松本はさらに、「もしかしたらあの20代の女性も頼まれてやってるかもしれない」と語ったが、これは出演陣も否定。

 「僕もこう言いながらそれはないと思うけど。まあそういう考え方もね」と話し、スタジオの笑いを誘った。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ