欽ちゃん球団監督として 片岡安祐美に聞く「いつか女の子も甲子園のマウンドに…」

 --しかし、残念ながら…

 「性別や日本高校野球連盟の規定の問題で甲子園に出られなくて、『結局、夢は諦めざるを得ないのか』と思いましたが、大人になっても(何らかの形で)甲子園でプレーすることはできます。明日、プレーしていいよと言われたら、選手としての片岡安祐美は明日が引退試合と決めています。夢を言葉にすることは絶対大切です。言葉にすることによってかなえられた経験がたくさんあるので、言い続けます」

 --高校の野球部監督になり、甲子園を目指そうとしたこともありましたよね。今もその思いはありますか

 「今は茨城GGの監督をしているので、現実的に考えられないです。茨城GGをほったらかしにすることはできません。ただ、女子野球選手を育てたいという思いはあります。いつかもう一回、日の丸を背負ってワールドカップで戦いたい。それは選手としてではなく、監督なのかコーチなのか。まだまだ自分が未熟なので、もっともっと勉強しないことには、できないのかな、とも思いますけど…。茨城GGの監督をしていても毎日反省、毎日勉強です」

 --茨城ゴールデンゴールズ(GG)で監督をする中で性別は意識していますか

 「意識していないです。1人の人間同士の向き合い、付き合いだと思います。先輩だろうが、違うと思ったことは言いますし…。しかし、自分がいかにそう思っていても、男性のプライドを傷つけない、と言ったら、言い方はあれですが、『女にこんなこと言われたくない』と思う人も絶対にいるわけです。相手が不愉快にならないように、嫌な思いをしないように気を付けているつもりです」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ